工場勤務で貯金完了!次はどんな道に進む人が多い?勤務継続者の比率


 

工場勤務で貯金完了!次はどんな道に進む人が多い?勤務継続者の比率
工場で期間工をしている人は様々な理由や目的があると思います。その中でも多い理由の一つとして「貯金したい」というものがあります。もちろんその目的もバラバラで、「とりあえずお金を貯めることが目的」「貯金してそれを元手に商売をしたい」など色々です。

そこでここでは工場期間工と貯金の関係、期間工を満了した後どのような道に進んでいるか、契約を継続して勤務する人はどれくらいいるのかなどについて紹介していきたいと思います。




1.工場期間工と貯金

工場期間工と貯金
まず工場期間工は実際に貯金はどれくらいできるものなのでしょうか。平均的な収入の人を例にして考えていきたいと思います。

期間工として働いている人で多い年齢層は20~30代です。中には経験に応じて40~50代の人もいます。働いているメーカーや工場にもよりますが、平均すると時給換算で1000~1400円ほど。日給換算では10000円前後、月給では25~30万円ほどが多いようです。夜勤や三交代が多い、昼間だけという条件が付けばかなり変動はあるかもしれませんが、平均するとこれくらいです。これに「入社祝い金」「赴任手当」「契約満了金」などがプラスされていきます。

そうすると年収では300~450万円ほどになります。この金額だけを見ると街中で勤務していてもそれほど大きな差は感じないかもしれません。

変わらないなら期間工にわざわざ行く必要はないよね
それがそうでもないのさ。期間工にはメリットが多いんだ
それが貯金できるっていうことにつながっているのかな?
その通りだよ。ではそのメリットと貯金する方法を教えていこうかね

まず期間工には基本給以外の手当てが多くあります。特に休日出勤手当や夜勤手当はかなりの額になることが多くあります。そして一番大きいのが「出費が少ない」ということです。都市で勤務しているのとここが一番違うところです。街中で生活していると「家賃」「食費」が大きくのしかかってきます。しかし期間工にはこの二つがほとんどかからないのです。

だいたいのメーカーでは寮が用意されており、最近では「寮費無料」「水道光熱費無料」というところも多くあります。さらにその寮に「食堂」があったりすると無料、もしくは格安で食事をすることができます。こうして「住居費」「食費」がかからないために給料の多くを貯金にまわすことができるのです。

では、できる限り多く貯金するにはどうすれば良いのでしょうか?まず一つ目としては「食費」を節約することです。実際に期間工としても一番多くの出費があるのは食費なのです。できる限り朝、昼、晩で食堂や工場の弁当などを利用することで、外食したりコンビニなどで色々と買い込むよりも月に数万円はうかせることができます。

また、工場勤務は体力仕事です。自分で好きなものを食べて栄養を偏らせるよりも、栄養管理をしてくれている食堂の食事をとるほうが健康面から考えてもメリットは大きくあります。

そして「必要なものしか買わない」ということも重要です。自動車工場などの寮は駅前から離れた場所にあることがあります。そうすると買い物に不便なので、一度買い物に出たときには「必要かもしれない」というようなものまで買ってしまうのです。

しかし期間工としての勤務期間はだいたいが工場と寮の往復になります。そのため、買ったものの使わないまま放置してしまい、契約期間が終わると荷物の邪魔になるので捨ててしまうということがよくあるのです。

本当に必要なものだけを買うようにすると良いでしょう。人間の生活の基本となる「衣食住」で考えると寮生活で食堂を利用すれば、「食」「住」は解決しています。残るは「衣」ですが、これは工場勤務中は作業着で、寮では普段着で良いわけですからそもそも下着以外は多く買う必要がありません。ここでも不必要な出費は控えていきましょう。

もう一つ男性期間工に多いのが「遊興費」です。連続した休みなどがあると「飲みに行ってしまう」「風俗に行ってしまう」という人が多いのも事実なのです。もちろんたまの息抜きとしては良いのかもしれませんが、これらは回数が多くなるとかなりの金額になってしまいます。その分は貯金から減っているということを自覚しましょう。

こうして約3年間貯金した人の中には1000万円近く貯める人もいます。普通に貯金していても500万円ほどは貯まるでしょう。




2.契約満了した後はどういった道に進む?

契約満了した後はどういった道に進む?
こうしてしっかりと貯金をして契約満了を迎えた人は次にどのような道を選んでいくのでしょうか?これにもいくつかの道があります。

まず一つ目としては「勉強・資格・就職」への道を選ぶ人です。国家公務員試験や、なかなか合格しない資格などを狙っている場合、問題は「合格するまでの費用」です。働きながら勉強していては合格しにくい試験などの場合は勉強に専念する必要があります。

しかしそうしている間にも生活費はかかります。工場期間工の間にした貯金をこれにあてるのです。そうして勉強に専念して資格や試験合格を目指すのです。実際に期間工を終えてから公務員になったり宅建などの資格をとって就職した人は多くいるのです。

二つ目の道としては「独立開業」といったものです。この場合は、最初から「目標300万円」などと金額を具体的に設定して貯金する人がほとんどです。「飲食店を開きたい」というように自分の店を持ちたいというひとが開業資金を貯めに期間工として働くというパターンです。この場合は明確な目標があるために貯金はしやすいでしょう。

以前は飲食店が多かったようですが、最近ではネットビジネスなどを行うひとも増えているようです。こういった人の特徴としては期間工として働いている間も、仕事後や休日などは自分が開業するつもりの仕事準備を行っていることがよくあります。寮でそういった行動をとっている人がいたら、その人は開業を考えている人なのかもしれません。

みんなしっかり考えているんだね。
まあ全員が考えているわけではないけどもね
ということは他のパターンの人もいるの?
もちろんいるさ。みんな色々な道があるんだよ

また、契約満了後は当分の間お休みをするという人もいます。約3年期間工として働いた後、失業手当をもらいながら体を休めるというものです。その間に、次に自分が何をするか考えることができます。

近年増えているのは「自分が何をするべきか考える時間が欲しい」というもので、期間工の貯金がある間はまさにこの時間として利用することができます。そうして「就職、開業」などを選ぶか、再び期間工として勤務する道を選ぶかを決めていくのです。

最後は「完全に未定」という人です。特に計画的に休むというわけでもなく、何も決まっていないという状態です。この場合は次にいつ動き出すのか、何をするのかはまったく決まっていません。「とりあえず期間工に行って貯金できた」という人が多いようです。




3.期間工を継続する人はいるのか?また継続したい場合はどうすればよいのか。

期間工を継続する人はいるのか?また継続したい場合はどうすればよいのか。
では期間を継続するというのはどういうことでしょうか。実は期間工の契約期間は最長でも35ヶ月と決まっています。そのため3年を超えて連続勤務することはできないのです。そしてほとんどの工場期間工では「3か月ごと」「6か月ごと」に契約の更新が行われます。

つまり一度そこで契約が切れて、改めて契約を更新するという手続きになっているのです。だいたいその契約期間ごとに「契約満了金」などが支払われます。継続して勤務する人にとってはそれがボーナスのように感じるかもしれません。

そしてこういった継続を望むか望まないかは期間工の人によっても違います。まずそもそも「半年だけ」と強く決めて期間を働いていた人は継続することはなく更新せずに契約満了金をもらって帰っていくでしょう。

逆にもっと稼ごうと思っている人は契約更新して勤務します。ここで、本人が希望しても契約が更新されないパターンをいくつか紹介していきます。

本人が希望しているのに更新されないなんてことがあるの?
もちろんあるさ。絶対に更新されるわけではないよ
なんだろう、特に理由が思いつかないな
じゃあ、そのいくつかのパターンを紹介していこうか

まず「本人に問題がある場合」です。工場や企業としては期間工の人に臨むのは「決められた期間を問題を起こさずに真面目に勤務する」ということです。ラインなどに入って勤務する際にその人だけがずば抜けて仕事が遅かったりすると全体の流れに支障をきたしてしまいます。

単純に仕事が遅すぎると問題なのです。また、仕事が雑で度重なるやり直しが発生したり、注意を受けていたりするのも問題視されます。高い技術が求められることがない期間工であっても仕事が適当だったりあまりにも処理速度が遅いとダメなのです。

また、「遅刻や欠勤が多い」というのも問題です。これは「正当な理由がある」かどうかだけではありません。もちろん無断遅刻や無断欠勤は論外です。このようなことをしていて契約が更新されるわけがありません。問題は「風邪」「身内の不幸」などで長期的に欠勤する場合も含まれるということです。

本人にしてみれば仕方ないことだと思うかもしれませんが、工場からすると3か月~6ヶ月と期間を決めて契約している労働者が連続して長期的に休んだりすると非常に打撃を受けます。その人が勤務すべき場所に他の人員を割かなくてはいけないからです。当然その人に対する工場の信頼は低下するでしょう。こういったことがあると契約更新がされないということがあるのです。

「本人の健康面での問題」ということもあります。工場での勤務は体力が必要です。その人の健康上、ラインに入って勤務することが困難であると工場が判断した場合は契約は更新されません。もし体力的に少し軽い部署に移って勤務することができるような工場であれば更新される可能性はありますが、そういった部署がない、もしくはそれでも健康面に不安が残ると判断されるとやはり契約は更新されません。これは安全上仕方ないことです。

「営業面でも問題で人員を削減するようになった場合」も契約が更新されないときがあります。景気の悪化や企業の営業面で生産規模を縮小するように決まったときなどは人員を減らす必要があるからです。これは本人の問題ではありませんが、どうしようもないことでもあります。まれに正社員を多く雇用したので期間工の割合を減らすということもあります。こういった理由の時は次の勤務場所を探すしかないでしょう。

「会社規定、工場規定による場合」もあります。これは本人に関わることです。例えば、採用される際に履歴書に虚偽の経歴を書いていた、工場内で同僚とのトラブルが多い、上司や先輩の指示に従わない、契約期間中に犯罪行為を行った、故意に工場の道具や設備を壊したなどがこれに当たります。これはその内容によっては契約の更新どころか「契約途中での契約解除」もありうるものです。期間工として働くというのは当然社会人として勤務するということですので服務規程には従う必要があるということです。

では継続して契約したい場合はどうすれば良いのでしょうか?これまで述べてきたように基本的に契約の更新とは「本人の希望」と「会社・工場の希望」が一致した際に行われます。本人が希望しているだけではダメだということです。そして契約の更新はどこか派遣会社の紹介で勤務している場合と、工場と直接契約をした場合によって変わります。

派遣会社を通して働きに行っていた場合は、そういった希望は派遣会社を通して行うことがあります。工場とは直接やり取りはしません。

そして直接契約をしている場合でも会社や工場によって様々です。契約の満了が近づいてくると社員と直接話をする機会があってそこで希望を聞かれるというものや、勤務中に希望を聞かれるパターンもあります。やはり常に現場でその人の働きぶりを直に見ている社員が判断することが多いようです。働きぶりが強く認められると契約の更新ではなく、正社員としての誘いがあることもあります。

4.まとめ

期間工にはあまり深く考えずに働きにきた人から、「これだけの額を貯金する」と強く決めて働き来る人まで様々です。そのため契約を満了した後はまったくバラバラの道を進んでいくことになります。契約を更新する人、地元に帰る人、独立開業する人など様々です。もし期間工として働こうとしているのであれば、何か目標を決めて働くと、契約の更新にも良い影響を見せますし、貯金もしやすくなります。ぜひ目標を持って期間工として勤務しましょう。