勝ち組期間工と負け組期間工の違いを分析する。損をしない働き方を選びましょう

勝ち組期間工と負け組期間工の違いを分析する。損をしない働き方を選びましょう
働き方は実にさまざまです。昔は学校を卒業してからどこかの会社で正社員として就職、生涯雇用というケースが一般的でしたが近年は自由化が進んでおり、こうした形態は崩れつつあります。

雇用形態の崩れは1990年後半に日本を襲った経済バブル崩壊からと言っても過言ではありません。経済バブルの崩壊により失業者や倒産が相次ぎ、雇用形態も大きく変化し始めました。

現在社会問題になっているフリーターについてもこのころから多く出現した勤務スタイルです。企業側によって正社員雇用は費用負担も大きいことから派遣や外注といった形で仕事を依頼することも多くなりました。

経済バブル崩壊前は景気が良く人手不足の状態だったことから期間工と呼ばれる求人も多く存在しました。地方で仕事がない人や農作業の閑散期に期間限定で働いてくれるスタッフを募集したものです。このスタイルは一時減少しましたがまた再び増え始めています。

期間工と言えば期間限定の従業員で自動車工場の流れ作業の補助などが主な仕事です。作業自体は単調なことが多いのですが、それを1日8時間など長時間続けなければならないのでなかなか根性がいる仕事です。

仕事のスタイルもあえて期間工を選ぶ人もいます。期間工でも勝ち組と負け組が存在するのです。期間工を検討している人は勝ち組のスタイルを勉強してみることをおすすめします。

1.勝ち組期間工ブログを読めば勝ち組期間工とは何かがわかる?

勝ち組期間工ブログを読めば勝ち組期間工とは何かがわかる?
今の時代わからないことがあれば「インターネットで検索する」といった人も多いことでしょう。インターネット上にはありとあらゆる情報が掲載されています。その中でもリアルなものが「情報ブログ」です。個人ブログでも給料や会社に関することがブログ記事として掲載されています。中には給料明細までアップされているものもあります。

参考:勝ち組期間工ブログ

期間工の相場と言えばスバルやホンダなど大手自動車メーカーです。2010年以降期間工の求人は再び増えています。その要因になっているのがアベノミクスです。輸出増加などで自動車メーカーからの需要も増えています。

また残業についてもきちんと支払いがなされます。残業代の未払は禁止となっていますがまだまだ未払残業の実態は残っているのが現状です。期間工の仕事はきちんと残業がつけられることが多く、そうした面でもメリットがあります。

ブログを書くことでブログ収入につながることもあります。期間工で勤務予定の方は待遇や寮、ライン作業などを日々更新してみるのもおすすめです。更新日や関連記事でアクセス数も異なることでしょう。

社員として勤務した経験や給料記事、雇用など身近なことをアップしていけばOKです。情報強者の中にはブログで給料明細公開を実施している人もいます。

中には「勝ち組期間工ブログ」もあります。期間工でも勝ち組と負け組期間工が存在します。トヨタ期間工ブログについても人気です。こちらは勝ち組期間工などとも呼ばれています。ブログですが妄想ブログもあります。基本的にブログ主の意思のもと記載されているものが多いです。

期間工でも勝ち組の人たち期間工ブロガーたちなどといった呼ばれ方がされています。勝ち組期間工ブログ閉鎖なんてこともあるので気に入った記事はメモに残しておくといいでしょう。内容は期間工ブロガーたちによって情報もまちまちです。勝ち組アンチまであるんです。富士重工業公式サイトなども閲覧してみるといいでしょう。

自分の妄想は個人の自由ですができれば閲覧する側のことを考え執筆をしたいところです。

ところで期間工を選択した人の中には借金が原因といった人もいます。借金返済の足しになればとブログ始まりをしている人もいます。そうした人は想像ブログもいいですがきちんとした公式のブログ名で複数ブログを運営しているケースも多いです。もちろん借金云々ではなく、ブログ収入を「仕事」として運営している人もいます。

スポンサーリンクによって収益は異なります。収支報告も含めて検討したいところです。個人コードやシャッキカンコウなどの記事もいいかもしれません。

いずれも運営自己責任となります。芸能人でもよくブログの炎上騒ぎがありますよね。計画した炎上もありますがうまく言えばブログの収益で貯金ができるかもしれません。

勝ち組か負け組か?の基準ですが「待遇」「賃金」などがランクインします。また筆者は「個人の満足度」も大事だと考えます。A社は待遇や賃金が良くても人間関係が悪かったり、仕事が面白くない、B社は待遇や賃金がA社に比べて劣るものの人間関係が円満で仕事もそこそこ楽しいとします。B社がいいと考える人もいればA社がいいと考える人もいます。

どこの企業でも同じですがメリットとデメリットは必ずあります。メリットだけをとりたいところですがそうはいかないのが現実です。あとは個人の問題です。個人の満足度の尺度も異なるのでお金や待遇が1番といった人もいれば、人間関係を重視する人もいるわけです。

また勝ち組が多い職場の傾向として人の出入りが少ないことも要素の1つです。人の出入りが多い企業は社員の不満が多いことが少なくありません。働きやすい環境では従業員も長く務めますし、そうではない環境では出入りが激しくなります。

期間工で勝ち組を目指す人は入社時のボーナスや待遇面に注目しておりトヨタやマツダ、三菱などが人気です。トヨタでは期間工経験者の中から毎年500名を正社員採用しているなんて話もあります。

短期の勤務でOKといった人は別にしてそれ以外の人の中には「できれば正社員で勤務したい」といった人も多いかと思います。そういう人は期間工を経て、正社員勤務ができれば最高ですね。トヨタであれば会社バリューも待遇も申し分ないかと思います。いつか正社員と思っている人は期間工から正社員になった人のブログを参考にするといいでしょう。

期間工についても大手企業については待遇が恵まれているケースが多くみられます。まずはネームバリューが高いトヨタなどを狙うのがおすすめです。そうした企業は福利厚生なども恵まれていることが多いです。

当然ながら人気企業は倍率も高くなります。1つだけではなく複数社受ける気持ちでチャレンジしてみるといいでしょう。以前不採用だった人も期間があいているのであれば再度チャレンジしてみるのもおすすめです。大手企業は3年から5年単位で人事異動があります。採用の面接官も新しく変わっている可能性があります。

また時期についても大事です。募集を多くしている時期ということもあります。そうした時期は採用されやすいですし、不況などの場合は募集を減らすケースがほとんどです。このようにタイミングも運の1つです。進んでチャレンジしましょう。




2.負け組期間工にありがちなこと

負け組期間工にありがちなこと
近年期間工が急激に注目を集めており、期間工を目指す人が増えています。「期間工は給料がいいらしい」「期間工は寮や食事つきだからお金が貯まる」なんて話も聞かれます。

期間工ですが地方出身の方や外国人勤務者も多く、寮などを完備しているケースが多くみられます。寮完備の待遇が多いので当然ながら住居費がかなり軽減されます。さらに食事付きの場合、食費も安く済みます。

また福利厚生として年金や健康保険に対応しているケースも少なくありません。国民年金や国民保険を支払うことを考えるとこの点でもメリットがあります。アルバイトに比べるとかなり待遇がいいことがわかります。

さらに入社時や勤務年数によって日給の他にボーナス支給がなされるので地方の零細企業に比べたら2倍以上の収入といった声も聞かれるほどです。

仕事内容については工場の流れ作業が多くいわゆる「単純作業」に該当します。部品のわりと簡単な組み立てをするといった内容です。作業は難しくありませんが単調なため気力がいります。同じことを1日中繰り返すので飽きてしまう人も少なくありません。単調な作業ほど精神的にはきつい可能性もあります。

これらをクリアできる人であれば期間工はうってつけです。なんといっても待遇がいいのですから。

期間工については最近2ちゃんねるなどでも話題沸騰中です。それだけ注目度の高い働き方でもあるのです。短期でお金が欲しい人、海外留学をしたい人など多くの人が注目しています。

期間工についてはさまざまな会社が募集しています。例えば自動車メーカーです。トヨタやマツダ、ホンダなど大手企業の名前も多くみられます。その一方あまりメジャーでない企業でも期間工は募集しています。

期間工は割と就職しやすい職場でもあり、年齢についても幅広く設定されています。農家で冬のみ出稼ぎする人もいれば、漁師で漁のシーズン外のみ働くといった人もいます。

負け組の期間工ですがズバリ「職場環境」がキーポイントです。期間工の待遇については各社で差があります。特に差が大きいのは「ボーナス支給」の面です。大手企業では手厚いボーナス支給が実施されることも少なくありません。中小企業ではそこまでカバーできないケースが多くみられます。

大手企業では入社祝いに20万円プレゼントといったケースもあります。中小企業はボーナスのトータルが年間20万円といったところもあります。大手企業の場合、入社祝いの他に勤務月数に応じてボーナス支給されることが多く例えばトヨタであれば1年間継続勤務をすると48万円前後のボーナスが支給されます。日給は1万1千円でその他にこのボーナスです。これは大きい額です。

ちなみに最大35か月勤務が設置されており、この場合は300万円前後のお金が支給されます。これがまるまる手に入るのは大手企業の恵みといます。

トヨタについては正社員採用も積極的に行っており2014年からの動きを見てみると90名から翌年は400名、そして500名と景気が上向きになるにつれて雇用もアップしています。できれば正社員になりたいといった人に大変魅力的な求人です。

いわゆる負け組についてですが「上記のような好待遇ではない」といったケースです。どうしてもトヨタに比べると多くの期間工求人は待遇が落ちてしまうのが現状です。

上を見てもキリがないですが、せっかく同じ期間工として働くなら待遇がいいところで働きたいというのはもっともな話です。トヨタの待遇を聞いてやきもきしている期間工の方は、トヨタを受けてみるといいでしょう。

「自分は大手企業の採用が厳しいのでは?」と尻込みしている人もいることでしょう。確かに中小企業よりトヨタなど大手企業は人も殺到しますし、狭き門です。ただ可能性がゼロなわけではありません。

そして今は幸い好景気が続いています。アベノミクスの効果と2020年の東京オリンピック開催に向けて日本は活気がある時期です。この時期だと採用がされやすい傾向にありますし、チャンスが訪れるかもしれません。

負け組の期間工だと思う人にありがちなのは不平不満が多いことです。不平不満が出る原因ですが基本的には自分の中に隠されています。自分の現状が思わしくないのは周りのせいではなく、自分自身の中にあるはずです。実はそのことに気が付いている人も多いことでしょう。しかしそれを認めたくない、自分は悪くないと思いたい気持ちが強いことと思います。

そうした考えや生き方で改善されるならそれでもいいわけですが、おそらくそれだと現状維持どころか現状悪化が懸念されます。そうした人は周囲ともうまくいかなくなる恐れが高いからです。

期間工は勝ち組であっても負け組であっても職場というカテゴリーに属し、否応なく人間関係は付きまといます。職場では給料よりも実は人間関係がネックになるケースも少なくないのです。

大手企業と待遇を比べて「自分は負け組期間工」と思っている人もいるかもしれませんが、人間関係がよく楽しく仕事ができていればそれ以上の財産はない可能性もあるのです。

現状に満足ばかりしていると当然上に上るのは難しくなります。しかし待遇面にばかり目を向けると人間関係など精神面で苦労することになりかねません。

現状に不満がある期間工の方はまずは自分自身を見直してみましょう。答えは自分の中にあります。スキルが不足している、職歴がいまいちなど理由は必ずあるはずです。それを改善するためには今日からできる何かがあると思います。

何事も日々の努力、そして新しい取り組みが欠かせないポイントとなります。ぜひ前向きにチャレンジしてみてください!