工場求人ナビで期間工の仕事を探す!評判の勤務地を紹介!

工場求人ナビで期間工の仕事を探す!評判の勤務地を紹介!
短期間でまとまった収入を得ることができる期間工ですが、どうやって探したら良いかと悩む人がいるのは事実です。新聞の折り込みチラシであったりハローワークで紹介されたりすることはありますが、数が限定されていたり、選択肢の幅が狭かったりします。

そこで便利なのが「工場求人ナビ」です。工場求人ナビは製造系アウトソーシングを経営している日総工産が運営しているもので、工場や製造業に内容を絞り込んだ採用情報サイトです。

こういった派遣に関連した会社は比較的社歴が浅いところが多いのですが、日総工産は創業が1971年ですのですでに45年以上のキャリアがあります。それだけの実績がある会社が運営しているのが工場求人ナビなのです。ここではこの工場求人ナビを利用して勤務先を探す方法を紹介していきたいと思います。

1.勤務先を探すまで

勤務先を探すまで
「勤務地」「業種・職種」「寮の有無」「給与・待遇面」など様々な条件を組み合わせて探すことで自分の希望にあった勤務先を選ぶことができるというのが強みでその勤務地は日本全国に渡ります。

人材派遣を行っている会社にはあまり良心的な経営をしているとは言えない企業もありますが、日総工産は優良派遣事業者に認定されており、しかも製造請負優良適正事業者のGJマークも取得している会社です。それだけの信頼と実績がある会社と言えるでしょう。

採用の形としては、派遣会社から派遣されていくという「派遣」、派遣期間終了後に企業の直接雇用となる前提の派遣である「紹介予定派遣」、勤務先で日総工産の指示で動き、雇用契約も日総工産と結んだ上で勤務するのが「請負契約」、勤務先の企業と契約を結んで勤務する「メーカー直接雇用」など様々あります。雇用契約の仕方によって働き方や給与・待遇面が大きく変わりますので、必ず最初に確認しなければいけない項目と言えます。

うまく思うように探せないという人も大丈夫です。日総工産にはしっかりしたサポート体制があります。まず専門のコーディネーターに勤務地や給料・待遇面の相談にのってもらうことができ、一緒に仕事を探してもらえます。そして勤務地が決まったら、そこに赴任する際の交通費も支給されますし、勤務してからも悩み事を相談できる窓口が開設されています。

では具体的に勤務までの流れを紹介していきます。
まずは工場求人ナビのサイトでどのような仕事があるかを見てみましょう。内容や条件が気に入ったものがあればそのまま応募をすることができます。

とりあえずマークしておくこともできます。そのときに気に入るものがなかった場合はメルマガ登録をしておけば、情報が定期的に送られてくるようになります。

次に全国各地で開催されている登録会に参加をするようにしましょう。その地域の中心都市で開催されていますので、近くの会場を選ぶことができます。

登録会に参加すると自分が希望している条件を伝えることができます。そのときにできるだけはっきりと勤務地や希望する給与、寮に入るかどうかなどの希望を伝えるようにしましょう。友達と一緒に働きたい、カップルで同部屋に入ることはできるか、資格や免許を同時に取得できる仕事、希望する勤務など担当の社員が希望する条件にあった仕事を紹介してくれます。

また、どうしてもそのときに希望する勤務先が決まらない場合は、自分の情報を登録しておけば会社側からスカウトがくるということもあります。その状態にしておいて待つというのも良いでしょう。




2.寮に入るまでの流れ

 

寮に入るまでの流れ
実際にこういった期間工として働く工場は街中からは少し離れた場所にあることが多くあります。また、そもそも業種として多い自動車関連の工場は自動車業がさかんな愛知県を中心とする東海地域や北関東地域、九州北部などに多いためにその近くに住んでいない場合は寮に入るというのが前提になります。では、寮とはどのような感じなのでしょうか。

まず工場の近くに寮がある場合が多く、徒歩で通勤できたりします。工場から少し距離がある場合などは車で送迎をしてくれることがあるため通勤に悩むということはありません。以前は寮の設備が古かったり何もなかったりということもありましたが、最近の寮は部屋も綺麗で冷暖房や冷蔵庫などが完備されているところがほとんどです。そのために身の回りのものや着替えだけ持っていけばだいたい生活できるという状態です。

もし、生活用品を購入しに行くのに車が必要な場合などは前もって日総工産に相談しておけばサポートスタッフの人が協力してくれる場合がありますので連絡をするようにしましょう。また、だいたいの場合は一人部屋です。カップルや友達と一緒の部屋に入りたい場合はそれも相談にのってもらえます。

「寮の費用が高いのでは」と不安に思われる人がいるかもしれません。これは勤務先の条件にもよりますが「寮費無料」な勤務先も多くあります。また、寮費が取られる場合であっても格安なことがほとんどですので高額な家賃を取られることはまずありません。「水道光熱費」に関しては完全無料の場合と数千円~一万円ほどの範囲で取られることがありますが、これも普通に住むことを考えれば格安と言えるでしょう。

寮によっては食堂が付いていたりすることもあります。食堂は勤務先の工場にあって利用することができる場合も多いために先に確認しておくのが良いでしょう。これらのことから考えても勤務している間は「生活費がほとんどかからない」というのが期間工の特徴ともいえます。そのために今まで寮に入ったことがない、やはり衣食住が心配という人にも安心な環境と言えます。

3.取り扱っている業種と契約のパターン

取り扱っている業種と契約のパターン
工場求人ナビでは様々な業種を扱っており、かなり広い範囲から希望する業種や職種を選ぶことができます。業種としては次のようなものがあります。

〇自動車・・・自動車やバイクの本体を組み立てたり、部品をパーツにわけて作る仕事
期間工としては非常に一般的な仕事と言えます。給与面も高く設定されていることが多く、種類も豊富です。車本体を組み立てる場合もありますし、シートだけを作る部分など細かく分かれているのも特徴です。大手のメーカーが求人を出していることが多く、トヨタやマツダ、ホンダ、ダイハツ、日産、スズキなど様々です。

〇半導体・・・パソコンや携帯電話に使われる部品を作る仕事
近年どんどん増えている種類の仕事です。どちらかと言えば細かい作業が多いために性格的に向き不向きがあります。

〇液晶・・・・携帯電話やパソコンの画面のような部品を作る仕事
これも半導体と同様です。細かい作業が苦手な人にはつらいかもしれません。

〇食品・・・・お菓子や惣菜の製造・加工や、食品の選別・袋詰めの作業
比較的軽作業が多く、女性の割合が多い仕事です。力仕事よりも単純作業が多いイメージです。

〇印刷・・・・新聞・雑誌・チラシなどを印刷する工場での仕事
これは比較的街中にあることが多い仕事です。紙は扱いにくく、量があるとかなりの重量になるために想像しているよりも力を使う仕事ともいえます。最近では少しずつ減少してきている仕事でもあります。

〇金属加工・・自動車や様々な機械で使われる金属に加工をする仕事
旋盤などを使って加工を加える仕事です。資格や技術が必要になる場合があり、そういったものを持っていると給与面で有利になったりすることがあります。

次に契約の種類について細かく見ていきます。
まず時給制です。普通のアルバイトと同じように時給で給料が計算されるタイプで時給は平均的なものが多く出ていますが自動車工場は少し高めに設定されています。

人材派遣の場合は給与の支払いや保険の加入などは日総工産で行われます。勤務先が日総工産に請求に応じて支払い、日総工産から労働者に給料が支払われるという形式です。日総工産と企業の間に結ばれる契約には色々な形があります。一人の労働者にあたり定額でいくらという形であったり、勤める人の経歴などによって上下する場合、労働時間によって毎月計算される場合などがあります。そして日総工産から労働者には日給や時給で給与が支払われます。ただこの形式で求人が出ているのは求人全体の5%ほどです。

契約社員は期間を決めて社員に近い待遇で働くものです。あくまでも正社員ではありませんがアルバイトでもないという立場になります。ほとんどが月給制になっていてだいたい20万円~25万円ほどが多くなっています。求人の割合でいうと6%ほどです。

紹介予定派遣は決められた期間の間は日総工産から給与が支払われ、期間が終了すると勤務先で正社員として雇用されるというものです。期間内は時給で計算されることが多くなっています。もちろん全員が無条件で正社員になれるわけではなく、勤務態度や仕事の能率があまりにも悪い場合などは話が打ち切りになることがあります。これも割合的には求人の5%ほどです。

4.実際に工場求人ナビを利用した人の体験談

実際に工場求人ナビを利用した人の体験談
最後に実際に工場求人ナビを利用して期間工として勤務した人の体験談を紹介します。

まとまったお金を稼ぎたくて期間工の仕事を探していました。特に希望する勤務地というものはなかったので単純に「多く稼げる」「少しでも待遇や条件が良いところ」を探しました。工場求人ナビを知人に教えてもらい、早速そこでいくつか探してみて自動車関連の仕事をいくつかキープしました。さいわい近い日に登録会があったのでそちらに参加し、自分の希望を告げるとすぐに話が決まっていきました。すぐに働き始めることができるかを聞かれたので「行ける」と答えると数日後には愛知県の勤務地に向かうようにと言われました。そのとき紹介内容で多かったのは「群馬」「福島」あたりの北関東地域と「愛知」です。やはりそのあたりに自動車関連の工場が多いようです。

指定された駅に着くとスタッフの人が待っていて、寮に送ってもらいました。そのときに近所のコンビニやレストランなどを教えてもらったのはありがたかったです。寮の部屋は思っていたより綺麗で、冷蔵庫、テレビ、電子レンジが付いていました。寮で簡単な説明を行って手続きをして、工場に向かいました。工場はトヨタの系列の工場で、そこで工場の人に仕事内容を説明してもらい、自分がする仕事を見学に行きました。車のシートのカバーを張っていく仕事でとにかく単純作業で少し腕の力がいる仕事でしたが特に難しい仕事ではありませんでした。

早朝から夕方までの勤務パターンと夜から早朝までの勤務パターンがあり、一週間おきに交代制でした。実際には残業が多く、体力的には少し厳しいところもありましたが、週休二日制で早番から遅番に切り替わる週は実質3日間に近い休みがあるために十分にやっていけるくらいでした。だいたい月に21~23日ほど勤務していて、残業手当と深夜勤務手当がついていたので支給額が33万円前後くらい。諸経費が引かれて手取りが27~28万円ほどでした。寮費が無料だったので生活費はほとんどかからず食費以外は貯金に回していました。

半年続けたときに「半年在籍手当」「満了金」を合わせて30万円ほどもらえたのも大きかったです。ちょっとしたボーナスのように感じていました。またゴールデンウィークや年末年始はしっかりと休みをもらえたので実家に帰ることもできました。そのあたりで継続して勤務するかどうかを確認され、継続することを選びました。

そのまま何回か契約更新をして3年間勤めました。その間に目標としていた金額のお金を貯めることができました。少し落ち着いたらまた日総工産から紹介された仕事に行く予定です。

まとめ

日総工産が運営している工場求人ナビについて紹介してきました。紹介している仕事の業種や職種が多いということと、ここに在籍しているなかの2割ほどが女性であるということが特徴のサイトで、特に期間工の仕事に強いところです。また、全国各地の勤務地を選ぶことができますので、給与や契約の仕方の他に勤務地から選ぶというのも良いかもしれません。

勤めはじめの必要経費が不安な人も、赴任先への交通費が支給、寮費が無料、給料の前渡し制度などがありますので、それを利用することができます。転職したてなどでも安心のシステムです。求人自体が多いという理由もあって、条件があえば上記の体験談の人の場合のようにすぐに仕事が決まって赴任するということも可能です。工場で勤務を考えている人は一度利用を考えてみてはいかがでしょうか?