三菱期間工の求人概要、寮や給料の評判を探る。ブログでの口コミも紹介。


 

三菱期間工の求人概要、寮や給料の評判を探る。ブログでの口コミも紹介。

期間工として働くといえば真っ先に思いつくのが自動車関連の工場での勤務です。安定して仕事量が多く、収入も期待できることから人気になっていますが、一口に自動車関連といっても自動車メーカーによって条件は様々です。「日給が高い」「寮が綺麗」「買い物が便利」などそれぞれに特色もあります。そこでここでは三菱自動車期間工について紹介していきたいと思います。




1.三菱自動車求人の概要

三菱自動車求人の概要

三菱自動車って言われても細かくは知らないよ。どんなところなの?
じゃあ、まず簡単に会社概要を説明しようかね

三菱は日本でも有数の財閥グループで行っている事業はかなり幅広いものとなっています。三菱自動車はその三菱グループの中の自動車メーカーなのです。2016年から大手自動車メーカーの日産から出資を受けることで「ルノー・日産アライアンス」のメンバーにもなっています。

ここで現在募集されている求人は自動車工場での仕事全般となっています。組み立てや溶接、塗装、検査、材料などの補充など多岐にわたります。勤務体制は完全二交代制を採用していますので、昼勤務(7:45~16:45)と夜勤務(20:00~5:00)があり、これに深夜手当、残業手当などが加算されます。また勤務地候補が五か所あり、それぞれの勤務地によって少しずつ条件が違うことも特徴です。

基本待遇としては、
1、入社祝金支給
2、3カ月ごとに慰労金支給
3、無料個室寮が完備
4、寮での食事代が3食無料

という好条件です。特に祝金や慰労金が短期間の契約でももらえるのは大きく、寮費と食事代も無料のために「稼ぐ」にはかなり有利な条件と言えるでしょう。

具体的にどんな仕事をするのかがイメージわかないな
どこの自動車工場でもだいたい同じだからね覚えておくといいよ

組み立て:
自動車の部品を組み立てていきます。大型の部分は機械が行いますが、細かい部品は作業者がボルトなどを使って組み立てます。慣れないうちは筋肉痛になる可能性がありますが、すぐに慣れます。初心者の期間工が配属されやすいところでもあります。

溶接:
自動車の部品を溶接していきます。溶接マシンを使用してマニュアル通りに行えば初心者でも行うことができます。細かい部分や技術が必要な個所には溶接経験者や資格保持者が配属されることがあります。

塗装:
自動車の車体ボディーに塗装を行います。スプレーのようなもので吹き付けていくというのがイメージしやすいかもしれません。

部品供給:
決められた部品を決められた分量、決められた場所に運搬します。地味ですが、間違えると機械が止まってしまうこともある重要な仕事でもあります。決められたことを真面目にしっかりこなす人に向いています。

検査:
自動車の検査を行います。検査基準に従って検査を行い、異常があった場合は担当者に報告して修正を行ってもらいます。ある程度の経験が要求されるために初心者がいきなり配属されることはほとんどありません。




2.勤務地ごとの特徴

勤務地ごとの特徴

勤務地がいくつもあるんだよね。どう違うんだろう?
順番に説明していくよ

①岡崎工場
場所:愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
三菱自動車の生産拠点の中心地です。特に他に制限がない場合は基本的にここで働くというイメージで良いかもしれません。収入面では単純な基本給はそれほど高く設定されていないためにそれだけを見た場合はあまり稼げないというイメージがあるかもしれません。時給換算すると1050円ほどです。

しかし残業手当や深夜勤務手当、休日出勤手当などを含めると平均的な金額になりますし、何よりも寮費が無料で寮で食事をした場合は3食が無料のために生活費がほとんどかかりません。そのために収入のほとんどを残すことができるという大きなメリットがあります。

また、3ヶ月ごとに満了慰労金が15万円ずつ支給されます。さらに入社祝金が25万円支給されますが、これは入る時期によって変動があるようです。2018年1月現在では25万円ですが、2017年1月には40万円という時期もありました。そのときの求人数や稼働具合などによって変わるようなので、応募する前にチェックしておきましょう。

②京都工場
場所:京都府京都市右京区太秦巽町1番地
京都工場は自動車を組み立てるのではなく、自動車の部品を製造している工場で主にエンジンを製造しています。だいたいの条件は岡崎工場と同じですが、京都工場では毎月定められた勤務日にすべて出勤することで「皆勤手当」を3万円もらうことができます。単純に休まなければもらえるので大きな収入となります。京都工場には西山寮という寮がありますが、満員になっているときは入寮することができないために、ここで寮に入っての勤務を希望する際には事前にチェックが必要になります。

③湖南工場
場所:滋賀県湖南市小砂町2-1
京都工場と同じくエンジンなどの部品を作る工場です。だいたいの条件は京都工場と同じですが、こちらの寮はだいたい入寮できる状態で、寮費や水道光熱費などはすべて無料になっています。各種手当の他に皆勤手当(3万円)や赴任手当(10万円)がつくのも特徴となっています。

④水島工場
場所:岡山県倉敷市水島海岸通1丁目1番地
自動車の組み立てを行っている工場ですが岡崎工場よりは規模が小さくなっています。他の勤務内容や条件は岡崎工場とほぼ同様となっています。

⑤加茂工場
場所:岐阜県加茂郡坂祝町酒倉2079番地
同じく車両の組み立てを行っている工場です。ただこちらは運営が三菱自動車の100%子会社である「パジェロ製造株式会社」という会社になります。細かい条件は他の工場と変わらないので安心です。




3.寮の紹介

寮の紹介

長く住むところだからやっぱり寮が気になるよ
だろうね。じゃあ岡崎工場の寮を順に紹介していくよ

まず三菱自動車の寮全般に言えることですが、最大の特徴は寮費や寮での食事代が無料ということです。それに加えて水道光熱費や生活に必要な家具などの備品に関しても無料です。工場で食事をする際は1食300円が必要になりますが、これらの条件の為に三菱自動車の寮に入って勤務する際はとにかく生活費がかからないというのが最大の特徴と言えるでしょう。

①橘目寮
場所:愛知県岡崎市橋目町字竹之内10
三菱自動車の寮の中でももっとも岡崎工場に近く、しかも最大規模の寮です。岡崎工場までは歩いても5分ほどで行くことができます。また、近くにはコンビニもあるので便利ですが、駅はかなり遠いために注意が必要です。一応の最寄り駅は、名鉄名古屋線の宇頭駅と愛知環状鉄道線の北野桝塚駅になります。どちらの駅もかなりの距離があるために歩いてふらっと駅までというのは難しくなっています。大きな車道には近いために車での移動には便利です。

間取りは洋室のワンルームで、トイレ、風呂、洗濯機などは共同での使用となります。また、食堂が24時間営業しているためにいつ訪れても無料で食事することができるのが強みです。

②小針寮
場所:愛知県岡崎市小針町神田
岡崎工場まで歩いて5分ほどと通勤には便利な寮です。約50部屋ほどの規模でトイレや風呂、洗濯機などは共同となっている洋室タイプです。少し間取りは橘目寮よりは広くなっていますが、元はプレハブだったものを改築したものなので気温の変化には注意が必要となります。また、大きな道路や駅からは遠くにあるために交通面では不便さを感じるかもしれません。

③岡崎2寮
場所:愛知県岡崎市竜美中1丁目2
80部屋ほどの規模の寮で、部屋はワンルームと3DKがあります。ただし3DKの方は相部屋になっており、中で各部屋に鍵がついているという感じです。トイレや風呂、洗濯機などは共同で食堂は24時間利用できます。工場からは無料の通勤バスで約30分ほどと少し離れていますが、その分、駅や繁華街には近いために休日に遊びにいくには便利になっています。また寮から歩いていける範囲にイオンモールがありますので食事や買い物をするには苦労はありません。

④大府寮
場所:愛知県大府市梶田町4丁目1
岡崎工場から通勤バスで約50分かかるためにかなり通勤には不便な立地となっています。部屋は2DKで部屋の中でさらに区切られています。そのため相部屋がどうしても無理という人には不向きと言えます。トイレや風呂、洗濯機などは共同で食堂は24時間利用できます。駅からも遠く、最寄りのJR東海道本線の共和駅まで歩いていくことはできませんが、国道366号線は近いために車での移動には便利です。また、寮の近くには大型スーパーや家電量販店などが多くあるために生活するには非常に便利なところとも言えます。

⑤知立寮
場所:愛知県知立市山町
岡崎工場まで通勤バスで約20分ほどの立地にあります。トイレや風呂などが共同なのは他の寮と同じですが、こちらはワンルームの洋室六畳なので相部屋ではありません。この寮の特徴は駅(名鉄三河線の知立駅)が近く、繁華街にすぐに行けることです。また、寮の目の前にコンビニがありますので非常に便利です。

ここまで挙げてきたように他の自動車メーカーの寮と比べると寮の間取りや立地には少し不満が残る内容かもしれません。しかし、寮費、水道光熱費、家具代がすべて無料で食堂が24時間無料で利用できる寮はほぼ存在しないと言えます。そう考えると「快適さ」を重視するか「経済面」を重視するかという問題と言えるかもしれません。

4.実際に働いた人の口コミ

実際に働いた人の口コミ

こうやって提示されている情報をまったく信用しないわけじゃないんだけど、やっぱり実際に働いたら違うってことがあったりするんじゃないかなあ?
もちろんあるだろうね。人によっても感じ方が違うしね。ちょっとネットの口コミを見ながら実際はどうなのかを見ていこうかね

・まずなぜ三菱勤務工なのか?
「祝い金27万(3~4ヶ月に分けて分パイ)は大盤振る舞いだし、3ヶ月後の慰労金15万もいいけどね。書類を送れば2日で合否確認だし、一週間で現場に入れるのは早い」

「3ヶ月なら最強だからな。いすゞが崩壊した今ここしかない」

というように時給換算ではやはり安いものの入社祝金や満了慰労金が最短3ヶ月の契約でもらえるということに大きなメリットを感じる人が多いようです。長く勤務するつもりであれば別のメーカーを、と考えるひともいるようです。

・寮についての感想は?
「遠い。ただそれだけ」

「工場の機械トラブルで勤務終了時間が遅くなった上にバスで約1時間。バスを待つ時間もバスに乗っている時間も無意味」

「バスに乗っている時間も給料つけろと言いたい」

などのように寮が工場から遠いということに対しての意見が多いようです。また、

「食事代タダなのはいいが量が少ない。おかずがしょぼい」

「相部屋は今時ないやろ。同じ部屋のやつがクズすぎて最悪」

「壁薄すぎる。ベニヤかと思うほど」

「寮費払うからもうちょっとまともな部屋にしてくれ」

「3年勤めて契約満期日の次の日に寮から追い出されるとか鬼やろ」

というような寮自体や寮の制度に対する厳しい意見も見られます。寮費や水道光熱費が無料というメリットはありますが、寮に不満を持つ人もいるようです。

・人間関係は?
「社員がクソ。ただただ偉そうなだけ」

「職場の空気がとにかく悪い。早く辞めたい」

いうような否定的なものもあれば、

「色々行ったけど三菱が一番良かった」

「食堂のおばちゃんも寮の管理人も良い人だった」

「社員みんな優しい」

と肯定的なものも。これは配属された工場や寮によって大きく違うようです。

まとめ

三菱自動車の期間工は色々とある期間工の中でも「契約期間が3ヶ月から」「寮費や水道光熱費、食費が無料」「入社祝金や満了慰労金がしっかりもらえる」というような条件が特徴なために「期間工初心者」「短期間特化型」の人には非常に魅力的な期間工と言えます。もう期間工を長く続けてきている人には逆に少し物足りなさを感じることがあるかもしれません。期間工によっては最初から日給が高く設定されているものや、契約更新のたびに大きく日給が上がるところもあります。

また、寮も食堂が24時間営業しているところはほぼありませんが、広くて綺麗な部屋を一人で使えるというところはあります。結局何に重点を置いて考えるかということになってくるのです。「まず期間工として働いてみたい」「短期間で集中的に稼ぎたい」という人が応募するのに適していると言っても良いでしょう。